うさぎの施設

うさぎの神社?住吉神社の総本宮、住吉大社にお参りしました(大阪府)

アイキャッチ画像

こんにちは、あんこです(@anko_1223)です。

全国2300社ある住吉神社の総本社である「住吉大社」にお参りしました。

なぜ、住吉大社にお参りしようと考えたのかというと、

「ウサギと縁がある神社だから」です。

では、その時に撮影した写真と一緒にゆる~く紹介していきます。

住吉大社ってどんなところ

基本情報

大阪では、親しみを込め、「すみよっさん」と呼び、正月三が日の初詣参拝客数は毎年200万人を超えます。全国約2300社余の住吉神社の総本宮であり、摂津国一の宮、旧社格は官幣大社です。古くから「航海安全の神」「祓の神」「農耕の神」「和歌の神」「武の神」「相撲の神」として信仰され、創建は1800年前に遡ります。ご祭神は第一本宮から第四本宮順に、「底筒男命/そこつつのおのみこと」「中筒男命/なかつつのおのみこと」「表筒男命/うわつつのおのみこと」、そして「神功皇后/じんぐうこうごう」です。

(引用元:OSAKAINFO)

アクセス

大阪府大阪市の住吉区に住所があり、

  • 南海本線「住吉大社駅」から東へ 徒歩3分
  • 南海高野線「住吉東駅」から西へ 徒歩5分
  • 阪堺線「住吉鳥居前駅」から 徒歩すぐ

でアクセスすることができます。

公式サイトはこちら

住吉大社をゆる~く紹介

南海本線「住吉大社駅」をおりて歩くこと約3分、住吉大社に到着。

鳥居を抜けると、太鼓橋が見えてきます。

太鼓橋は、結構急で階段の感覚も狭いので注意が必要です。

手水舎には口から清めの水を流すうさぎを発見しましたよ。まるで球体!丸まった玉兎さんでした。

なぜうさぎなのかについては、説明書きがありましたよ。

兎(卯)は当社の御鎮座(創建)が神功皇后摂政十一年(211)辛卯年の卯月の卯日であるご縁により奉納されたものです

第一本宮、第二本宮、第三本宮、第四本宮と順に参拝しました。

第三本宮の横にうさぎのおみくじが置いてあり、引いてみました。結果は「中吉」…

第一本宮~第四本宮は特に参拝の順番はないようです。

参拝も終えたところで、お目当ての「なでうさぎ」をなでなでしに行きます。

第四本宮前にヒスイも神兎が鎮座していました。手水舎と同じで玉兎です。

「五体を撫でて無病息災を祈願してください」と説明書きがありましたので、なでなで…なでなで。なでなで。

素材がヒスイなので触り心地は「ツルツル」、見た目は「つややか」でした。

最後に、うさぎの御朱印帳を頂き帰ることに。

まとめ

「住吉大社」は大阪府大阪市の住吉区に住所があり、全国2300社ある住吉神社の総本社です。

手水舎や撫でうさぎ、おみくじに御朱印帳。様々なところにうさぎがおり、うさぎ好きには嬉しい神社です。

ペットとしてうさぎを飼っていて、「神社やお寺参りが好き」「御朱印を集めている」人には特におすすめですよ!

あんこ
あんこ
それじゃあ、またねー

ブログランキングに参加してます。応援おねがいします!

にほんブログ村 うさぎブログへ