うさぎの雑学

「うさぎおいしかのやま」とはどんな歌?曲名と正しい意味について

アイキャッチ画像

こんにちは、あんこです(@anko_1223)です。

パパ
パパ
あんこー、「ふるさと」って歌知ってる?
あんこ
あんこ
ううん、まだその曲は習ってないよ。
パパ
パパ
実は、曲の中に「うさぎ」が出てくるんだよ!
あんこ
あんこ
そうなんだ、ぼく詳しく知りたい!

「うさぎ おいし かのやま」という歌詞を思い出して、かわいいうさぎを食べてしまう野蛮な歌詞だと思っていませんか?

実はこの歌、「うさぎは美味しい」という内容ではありません。

そこでこの記事では、

  • 「うさぎ おいし かのやま」の曲名
  • 「うさぎ おいし」は、「うさぎ 美味しい」!?
  • 「うさぎ おいし かのやま」という歌詞の内容

曲名と内容、正しい歌詞の意味について詳しく解説します!

「うさぎ おいし かのやま」の曲名は?

田舎 写真 風景

「うさぎ おいし かのやま」という歌詞と共に、メロディーが頭に浮かんだ方も多いでしょう。

日本人の多くが口ずさめるこの曲は、『ふるさと』というタイトルの童謡です。

高野辰之作詞・岡野貞一作曲によって作られた童謡『ふるさと』は文部省唱歌とも呼ばれ、学校の教科書にも掲載される有名な楽曲。

大正3年に発表されてから、多くの日本人に歌われてきました。

現在ではイベントやCMで使用されることもあり、EXILE ATSUSHIさんや島谷ひとみさんなどがカバーした歌も発表されています。

「うさぎ おいし」は、「うさぎ 美味しい」!?

曲と歌詞を知っていても、「うさぎ おいし」の意味を誤解している方は多いのではないでしょうか?

優しいメロディーと哀愁漂うフレーズなのに、少々不思議な歌詞が入ることに違和感を覚えた方もいるでしょう。

「山で狩りをして捕まえたうさぎを食べたら、美味しかった」という思い出を歌った曲と思われている方もいますが、実は違います。

「おいし」とは「美味しい」という意味ではなく、「追いし」という過去形をあらわす古文ならではの表現になります。

「うさぎ おいし かのやま」という歌詞の内容

「うさぎ おいし かのやま」は、「うさぎを追いかけていた、あの山」という意味となり、幼い頃に山に入り、うさぎを追って山を駆け回っていた情景を思い出しています。

続く歌詞は「小鮒を釣っていた、あの川」と川での釣り体験を思い出し、子供時代の故郷で過ごした日々を描いていることが分かります。

うさぎの足は速く、子供には到底追いつけないもの。

うさぎにしてみれば、追いかけられても余裕で逃げ切ってしまいます。

無我夢中で速足のうさぎの後を追い、自然豊かな山の中を走り回っていた景色が浮かんでくるでしょう。

いつかは帰りたいと思う故郷のことを、遠くなつかしい気持ちにて表現したのが、童謡『ふるさと』です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、以下の内容を解説しました。

記事のまとめ
  • 「うさぎ おいし かのやま」の曲名
  • 「うさぎ おいし」は、「うさぎ 美味しい」!?
  • 「うさぎ おいし かのやま」という歌詞の内容

「うさぎ おいし かのやま」の正しい意味を知り、驚いた方もいるでしょう。

「うさぎ おいし」は「うさぎ 美味しい」という意味ではなく、うさぎと競争をしていた子供時代の思い出を歌詞にしたものです。

うさぎ好きな方も、安心して口ずさんでくださいね。

あんこ
あんこ
それじゃあ、またねー

ブログランキングに参加してます。応援おねがいします!

にほんブログ村 うさぎブログへ