うさぎの保険

うさぎが入れるペット保険はある?上手な選び方と比較ポイントについて

アイキャッチ画像

こんにちは、あんこです(@anko_1223)です。

パパ
パパ
あんこがもし病気やケガをしたら、すぐに病院に連れて行ってあげるからね。
あんこ
あんこ
嬉しいけど、治療費は大丈夫かな?

デリケートなうさぎは、病気やケガで病院にお世話になることもめずらしくありません。

高額な治療費をカバーできるペット保険にうさぎは入れるのか?気になりますよね。

そこで、この記事では

  • うさぎはどんな病気にかかりやすい?
  • うさぎが入れるペット保険はある?
  • うさぎが入れるペット保険の選び方

について記事にしています。

実際にネザーランドドワーフ(うさぎ)をペットとして飼っており、ペット保険にも加入している飼い主が解説します。

下記にあてはまる方は、ぜひ最後まで読んでください。

この記事を読んでほしい人
  • うさぎがかかりやすい病気を知りたい
  • うさぎが入れるペット保険があるのか気になる
  • ペット保険の選び方について知りたい

この記事を読めば、「うさぎがかかりやすい病気」「うさぎが入れるペット保険」「ペット保険の選び方」について分かります。

上手な保険の選び方と比較するポイントを確認してみましょう。

うさぎはどんな病気にかかりやすい?

うさぎはデリケートな動物でもあるため、環境によっては病気にかかってしまうこともめずらしくありません

飼い始めはストレスを与えないよう、静かに過ごさせてあげてください。

注意してケアしてあげても、胃腸内に毛球が形成される毛球症や歯並びに支障がある不正咬合、免疫力低下によって発症するパスツレラ病などが心配されます。

温度調節がうまくできないため、熱中症にもかかりやすいでしょう。

うさぎは骨がもろいため、強く抱きしめたりゲージや家の中で暴れたりすると、骨折してしまうこともあります。

また、年齢を重ねれば他動物同様に、病気のリスクは高まります。

うさぎが入れるペット保険はある?

うさぎは自由診療のため、病気やケガの際には治療費が高額になってしまうことも。

通院や入院となると費用がかさみ、大きな出費が必要になります。万が一に備えて、うさぎが入れるペット保険を確認しておきましょう。

上記の保険は小動物が対象となっているため、うさぎも加入できます。

ペット保険を契約するうさぎの数は年々増えているため、今後も新しい保険会社がサービスを始めたり、プランを増やしたりする可能性は高まるでしょう。

我が家のうさぎ「あんこ」は、アイペット損害保険の「うちの子キュート」に加入しています。

補償がされない?うさぎが入れるペット保険の選び方

うさぎでも入れるペット保険はいくつかありますが、万が一のときに補償がされないケースもあります。

また、条件によって加入できないこともあるため、事前に確認をしておきましょう。

  • 治療が適用外だった場合(避妊手術やワクチン接種など)
  • すでに病気と診断されている
  • 加入年齢をオーバーしている
  • 入院保障だけで通院には使えない

うさぎは寿命が短いため、加入年齢が設定されているケースはめずらしくありません。まずは年齢をチェックし、入れる保険を探してみましょう。

うさぎは病気やケガの際には通院することが多いため、通院補償で保険会社を比較するのもおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、以下の内容を解説しました。

記事のまとめ
  • うさぎがかかりやすい病気を知りたい
  • うさぎが入れるペット保険があるのか気になる
  • ペット保険の選び方について知りたい

うさぎでも入れるペット保険はありますが、年齢や条件によって加入できるか確かめる必要があります。

加入の際には通院補償を比較し、希望にあったコースを選びましょう。

あんこ
あんこ
それじゃあ、またねー

ブログランキングに参加してます。応援おねがいします!

にほんブログ村 うさぎブログへ